本文へジャンプします。

ホーム >ニュース一覧 >部活動の活躍(9月)などを紹介します

ここから本文です。

部活動の活躍(9月)などを紹介します

本年度は、新型コロナウイルス禍の影響で各競技団体の大会等が中止になることが多く、一学期は活躍する場がほとんどありませんでしたが、二学期になってから無観客試合などで開催する団体が徐々に増えてきました。コロナウイルス感染を予防しながらの厳しい環境の中で努力を継続し、県大会等で活躍した部活、今後活躍が期待される部活、来季からのプロチームに内定した選手などを紹介します。

部活動の活躍

女子サッカー部

全国高校女子サッカー選手権大会千葉県予選で準優勝、11月14日(土)から栃木県で開かれる関東大会に県第2代表としての出場が決まりました。全国大会出場(関東地区から7校)を目指して頑張ってほしいと思います。

駅伝部(個人)

千葉県陸上競技大会新人戦男子5000mで栗田隆希君(2年)が14分42秒60で見事第1位に輝きました。
駅伝部は団体でも、この冬の全国高校駅伝大会への出場が期待されています。

男子サッカー部

高円宮杯U-18サッカー「プレミアリーグ関東」 9月30日現在:第3位
9月5日から開始され、1勝1分けと順調なスタートを切っています。
まもなく、全国高校サッカー選手権千葉県予選が始まりますが、今年のチームは、一昨年の全国大会準優勝した時に出場した選手が数名いますので、今後の活躍が楽しみです。

ラグビー部

全国高校ラグビーは花園で開催されることが発表され、県予選の組み合わせが既 に決定しています。本校ラグビー部はスーパーシードですが、今年もまた全国大 会で「流経大柏」旋風を巻き起こし、一昨年の全国大会ベスト4を上回る成績を 残してほしいと思います。

その他

チアリィーディング部や放送部なども、全国大会出場が期待されています。

プロサッカーチームへの来季加入内定選手

サッカー部  松原颯太選手(3年)
JFA・J2リーグ 「ジェフユナイテッド市原・千葉」入団内定(ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト)

訃報

湯原祐希さん(本校第15期卒業生:ラグビー部OB)  
東京都内で練習中に倒れて病院に運ばれましたが、36歳の若さで急死(9月29日逝去)されました。湯原さんは、本校卒業後に流通経済大学から東芝に進み、万能型のフッカーとして活躍し、2011年と2015年の2回、4年に一度開催されるラグビーワールドカップ日本代表に選ばれて日本チームの飛躍に貢献しました。今季から東芝ラグビー部「ブレイブルーパス」のコーチに専念していて、今後は、指導者としての活躍が期待されていました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

ページの先頭に戻る